「太陽光発電を設置してみたいけど、今さら設置しても損しちゃうかな・・・?」
こんなふうにお悩みではありませんか?

たしかに、2019年度の売電価格は昨年度より下がっていますが、売電収入だけで太陽光発電の損得を決めてしまうのはもったいないです。

この記事では、2019年度に太陽光発電を設置しても損をしない理由や設置するメリット、知っておくべき知識などについてご紹介していきます。

今からはじめる方必見、太陽光発電の売電事情

2019年、これから太陽光発電を設置する方にお得さをお伝えしていきますが、その前に売電の基本的な仕組みや売電価格の動きについて見ていきましょう。

売電の仕組みをおさらいしよう!

FIT 固定価格買取制度 イメージ

まず、売電の仕組みについておさらいしておきましょう。既にご存知の方も多いとは思いますが、現在太陽光発電の売電はFIT(固定価格買取制度)によって成り立っています。

FIT(固定価格買取制度)とは、連系を開始した年度に設定された売電価格で電力会社が余剰電力を10年間買い取ることが義務付けられた制度です。設置前に太陽光発電でどれくらい売電収入を得られるかあらかじめ予想することが可能です。

なお、FIT法は平成28年7月29日に法改正しています。詳しくは以下の記事をご覧ください。
>> 売電の仕組みと法改正のポイント

九州における2019年度の太陽光発電システム(10kW未満)の売電価格は26円

売電価格は、FIT(固定価格買取制度)によって決定されており、下記の通り年々変動しています。

FIT 固定価格買取制度の偏移

◯2009年度:48円/kWh ◯2010年度:48円/kWh ◯2011年度:42円/kWh ◯2012年度:42円/kWh
◯2013年度:38円/kWh ◯2014年度:37円/kWh ◯2015年度:35円/kWh ◯2016年度:33円/kWh
◯2017年度:30円/kWh ◯2018年度:28円/kWh ◯2019年度:26円/kWh

※出力制御ありの場合

上記を見て分かるように、この制度が始まってから1kWhあたり22円も下がっています。

「出力抑制あり」ってなに?

「出力抑制」とは、電力の需要と供給のバランスを取るために、電力会社が太陽光発電設備の出力停止や抑制を求め、電力系統に接続する出力量を制御することを言います。

この「出力抑制」は一般電力事業者ごとに「あり/なし」が決められており、九州電力は「出力抑制あり」になります。なお、「出力抑制あり」の地域では出力制御対応のパワーコンディショナの設置が義務付けられ、費用も掛かることから「出力抑制なし」の地域と比べて売電価格が高めに設定されています。

  • 2019年度の売電価格:24円/kWh(出力抑制なし)
  • 2019年度の売電価格:26円/kWh(出力抑制あり)

出力抑制(出力制御)について詳しくは、以下の記事をご覧ください。
>> 出力制御について

売電価格は売電収入に直結するため非常に重要な値です。ところが、売電価格が「26円/kWh」まで下がった2019年度に太陽光発電を設置したとしても、損をすることはありません。どういうことなのか、次の項目でその理由を詳しくご説明いたします。

2019年度でも太陽光発電の設置で損しない3つの理由

ここでは、2019年度に太陽光発電を設置しても損しない3つの理由についてご説明していきます。

太陽光発電の設備費用が下がっている

売電価格は年々下がっているものの、実は売電価格と一緒に太陽光発電の設置にかかる設備費用(初期コスト)も、年々値下がりしていく傾向にあります。

具体的には、FIT(固定価格買取制度)が始まった2012年当時は1kWの太陽光発電あたり平均42.1万円かかっていた設備費用も、2018年時点では28.6万円/kWということが経済産業省調達価格等算定委員会より公表されています。

>> 平成31年度以降の調達価格等に関する意見

売電価格は「調達価格等算定委員会」が決めている

そもそも売電価格は、経済産業省の調達価格等算定委員会により、その年度の設備投資額に応じて、太陽光発電設置者にメリットが出るように決められています。つまり、太陽光発電を適正価格で販売する業者で購入していれば、太陽光発電の設置で損をするということは起こりにくいでしょう。

太陽光発電の適正価格については下記リンクを参考ください。

太陽光発電の価格 ホントのところ

設置パターンの多彩化、パネル性能の向上でトータル発電量が向上した

家庭用太陽光発電は、住宅の屋根に太陽光パネルを設置します。従来の太陽光パネルの場合、屋根がある程度広くないと十分な発電量を確保できませんでした。

ところが、最近では太陽光パネルの性能が向上したことで従来では発電量に不安があった小さな屋根であっても、十分な発電量を確保することが可能となりました。

一部のメーカーでは、曇りの日や日射しが弱い「低照度」地域でも太陽光を受光し発電することが可能な太陽光パネルもあります。設置する住宅や環境による影響が少なく高い出力が期待できるようになった点も、昔と比べて今のほうがお得な要素のひとつと言えるでしょう。

また、近年産業用太陽光発電で人気となっている過積載システムを住宅用の10kW未満のシステムにも適用可能です。以前は保障の面から適用できないメーカーもありましたが、現在では多くのメーカーで採用できます。朝夕の発電を底上げすることもでき1日の売電量を向上させることも可能になってきました。

10年間の固定価格買取制度は継続中

2019年度も引き続きFIT(固定価格買取制度)によって売電価格が決定されています。そのため、2019年度であれば10年間は継続して「26円/kWh」で電力会社に電力の買い取りをし続けてもらえる権利を得ることが出来ます。

後の項目でもご説明しますが、実はFIT(固定価格買取制度)は今後もずっと続くかどうか分からない制度です。というのも、FIT(固定価格買取制度)は、もともと太陽光発電設置者に有利な条件が設定された太陽光発電の普及を目的とした法律だからです。

今後電気代は長期的に見れば高騰する見込みが高いといえます。
買うよりも安い単価で電気を売るとなれば売電のメリットは薄れてしまい、FIT法の必要性がなくなります。ただし2019年度は固定価格買取制度が継続しているため「26円/kWh」で10年間売電することが可能です。

▲ ページTOPへ

その他一般的な太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電システムの一般的な設置メリット

・光熱費の削減が可能
・売電収入を得られる
・停電時にも電気が使える
・太陽光パネルが長寿命
・地域によっては補助金でお得に設置できる
・メーカーによっては曇りや雨の日でも発電可能
・一般家庭に設置できる唯一の再生可能エネルギー
・遮熱効果にも期待

太陽光発電の一般的な設置デメリット

・日射量や天候により発電量が不安定
・メンテナンスが必要
・売電金額が年々下がっている
・決して安くない初期費用
・災害で破損する可能性も

九州地区で太陽光発電システムを設置を検討されるのであれば以下の記事もご覧ください。

九州で人気沸騰!増え続ける家庭用太陽光発電の魅力

売電のメリットを享受するなら今のうちに

FIT法により10年間同じ価格で売電を続けられるチャンスももう残りわずかと考えられます。どういうことなのか、詳しくご説明していきます。

FIT(固定価格買取制度)はいつ終了してもおかしくない

FIT法はもともと太陽光発電の普及を目的として制定された法律ですが、太陽光発電の普及と販売価格の低下により売電価格は段階的に下げられています。

そして、このまま売電価格が引き下げられ続けると、売電するメリットが薄れていくため「FIT(固定価格買取制度)制度の廃止」という流れになるのも時間の問題と言えるでしょう。

FIT終了後は家庭用蓄電池の出番

FIT法が廃止されてしまうことや、FITの買取期間である10年間が終了してしまった場合、太陽光発電を設置する意味はまったく無くなってしまうと思っていませんか。

いいえ、そんなことはありません。実は、現在のような高値で売電ができなくなったとしても、家庭用蓄電池を導入することで、発電した電力を自家消費してより有効に活用できます。

太陽光発電で創った電気を蓄電池へ

まず、太陽光発電システムで創った電気を蓄電池へ貯めておくことで、太陽光発電が発電を行えない夜間や発電量が低下する曇天時にも、蓄電池に蓄えた電気を自宅の家電などに使用することが可能となります。

これによって、電力会社からの買電を減らし、電気代の削減につなげることができます。

「ダブル発電」も可能に

また、家庭用蓄電池の導入で「ダブル発電」も可能になります。ダブル発電とは、オール電化プランなどで安くなった夜間の電気を蓄電池に貯めておき、昼間に家庭内で使用する電力は蓄電池に貯めておいた電気でまかない、太陽光発電で創った電気は全て売電にまわすことで売電量を高める手法です。

これまで、ダブル発電による売電価格は、通常の売電価格にくらべて低かったのですが、2019年度からはダブル発電もシングル発電も「26円/kWh」と同額になりました。これにより、売電量を増やす目的であればダブル発電にしたほうがお得ということになります。

2019年から蓄電池はますます人気に

2019年は、太陽光発電のFIT期間が終了する最初の年で、「2019年問題」としてメディア等でも話題となっています。こうしたFITの満期をむかえた人のことを「卒FIT」などと呼び、新たなビジネスチャンスとなっています。そのため、卒FIT者向けの売電プランを作るなど、電力会社や新電力会社、大企業が現在しのぎを削っている状況です。

そんな中で、「卒FIT」むけに需要が高まりそうなのが、家庭用蓄電池です。従来の家庭用蓄電池のデメリットは、金額が高く経済的効果はほとんど期待できないことでした。ところが、2019年の蓄電池需要を見据えて、各社ともにコストを抑えた安価な蓄電池を次々と発表しはじめています。

それでもまだまだ高額な蓄電池ですが災害時の備えや自宅で発電した電力の有効活用を目的として家庭用蓄電池への注目は高まっています。これからの時代は、蓄電池ブームによって家庭用蓄電池のほか電気自動車という形で一家に一台「蓄電池」が置かれるような日が来てもおかしくはありません。

自治体の政策としても原子力発電や化石燃料依存からの脱却をはかり地域に散らばる蓄電池システムや再生可能エネルギーで電力を地産地消するバーチャルパワープラント(VPP)といったインフラ構築を目標としており蓄電池システムは一層普及していくものと考えられます。

蓄電池について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

まとめ

損しない?2019年度に太陽光発電の売電をはじめるメリット まとめ

2019年度の九州エリアにおける家庭用太陽光発電の売電価格は、「26円/kWh」まで下がっています。
しかしながら、設備費用の値下がりや太陽光発電の性能アップなどにより、家庭用太陽光発電を設置するメリットはまだまだ健在。太陽光発電システムは九州では特に導入率が高く人気があります。

九州地方で太陽光発電システムが普及し続けている理由について、詳しくは以下のページをご覧ください。

太陽光発電が九州で大人気の理由

▲ ページTOPへ