お金、電気、家

CMでもよく目にするオール電化ですが、使い勝手の良さや安全性から多くの家庭が設置しています。中でもガスを使わずに給湯や調理ができるため光熱費が節約できるというメリットは非常に魅力的です。

しかし、全てのご家庭がオール電化への切り替えでお得になるわけではありません。

そこで、オール電化に切り替えるか迷った際にチェックしておきたいポイントを解説します。

オール電化ってお得なの?

オール電化ってお得なの?

結論からお話すると、ほとんどのご家庭がオール電化に切り替えることで光熱費を節約できます。

しかしこれは単純に光熱費のみを比較した場合の話で、設置によるメリットはご家庭によって様々です。そのため、オール電化を導入しても思ったほどの経済メリットが出ないケースもあります。

次にご紹介するポイントを踏まえて、設置するかどうかの検討を行いましょう。

ガス代が月6.000円未満ならあまり経済メリットは期待できない

オール電化の経済メリットはガス代の削減によるところが大きいため、もとからガス代が安いご家庭は経済メリットをあまり期待できません。

毎月のガス代が6.000円を下回る場合は、経済メリットよりも安全性や使い勝手の良さを目的として導入される場合が多いです。

ガス代が月10,000円を超える場合はぜひ検討を

ガス代が高いご家庭はオール電化によってガス代が浮くことによるメリットが大きいです。

具体的には月10,000円以上ガス代がかかるご家庭はオール電化による経済メリットを大いに期待できます。一度導入を検討してみることをお勧めします。

月6,000円~10,000円の場合は慎重に検討を

月6,000円~10,000円のガス代を支払っているご家庭は慎重に検討を進めましょう。オール電化の導入費用と経済メリットを見比べて考えられると良いかと思います。

ご検討の際は専門の業者に一度相談されると良いかと思います。

オール電化にすると変わること

今までの電気・ガス併用からオール電化にすることで変わる点が大きく3つあります。

調理がガスコンロからIHクッキングヒーターに変わる

オール電化に切り替えることで調理がガスコンロからIHクッキングヒーターに変わります。

IHクッキングヒーターとは、電気の力で鍋底を発熱させることで調理を行う機器です。火を使わないので安全性が高く、さらに周りの空気を温めないので夏でも涼しく調理ができます。

一方で使用できる鍋が限られるといったデメリットもあります。

給湯がガスからエコキュートに変わる

オール電化への切り替えで、給湯も従来のガスボイラーからエコキュートに変わります。

エコキュートとは、空気を圧縮してできる熱と電気を使ってお湯を沸かす機器です。空気中の熱を使い効率よくお湯を沸かすことができ、消費エネルギーが従来の給湯器よりも約30%少なく済みます。

一方で、エコキュート機器の設置場所が必要になるなどのデメリットもあります。

時間帯別の電気料金プランに変更

オール電化に切り替える場合、オール電化向けの時間帯別の電気料金プランに変更するのが一般的です。ほとんどのオール電化向けプランでは夜間の料金が割安に、昼間の料金が割高に設定されています。

例えば九州電力の「電化でナイト・セレクト」では電気代の単価が夜間は13円/kWh、昼間は26円/kWh(夏季・冬季の場合)と昼間の方が高くなっています。そのため、なるべく昼間を避けて電気を使用することで電気代を節約することができます。

また、太陽光発電システムとオール電化の相性がいいとされているのも昼間が高く夜間が安くなっている料金プランが理由です。発電した電気を昼間使うことで割高な電気を買わずに済み、電気代が節約できるためです。

オール電化にすると光熱費がお得になる理由

オール電化にすると光熱費がお得になる理由 イメージ

まず、オール電化にするとガスを使わなくなるため、ガス代が0円になります。一方、以前はガスで行っていたことを電気で行うようになる為、電気代は設置前よりも上がります。この2つの差額がオール電化の経済メリットとなります。

また、一般的に導入の際はオール電化向けの電気料金プランに変更します。エコキュートは電気代の安い夜間のうちに1日分のお湯を沸かして溜めておくので、電気代を抑えることができます。
そのため、エコキュート・IHクッキングヒーターの電気代はそれぞれ月1,500円前後といわれており、合計すると月3,000円程で利用できます。

電気代の増加分約3,000円と、今まで支払っていたガス代との差額が大きいほどメリットが大きくなります。

例えば、ガス代を月10,000円支払っているご家庭の場合、ガス代が不要になる為10,000円が丸ごと浮き、電気代は月3,000上がるのでそれを差し引きした差額が10,000円-3,000円=7,000円となるため、
月々7,000円のメリットとなります。年間84,000円、10年間では840,000円にもなります。

ガス代の高いご家庭ほどガス代と電気代の差額が大きくなる為、よりメリットが大きくなります。はじめに「ガス代が安いご家庭はメリットが期待できない」と記載したのも同様の理由です。

オール電化の設置費用はご家庭によって様々ですので、まずは専門の業者に相談しましょう。また、業者によって価格やアフターフォローなどの面で違いがあるので、検討の際は数社から見積りをとることをお勧めします。

あとがき

現在支払われているガス代によって、オール電化導入で見込める経済メリットが異なります。月々6.000円以上ガス代を支払われているご家庭は、これを機に一度検討をしてみてください。

オール電化は経済メリットのほかにも「便利」「火を使わないから安全」といったメリットもあります。

ガス代が6,000円未満でもこうしたメリットに魅力を感じる場合は検討してみてもいいかもしれません。少しでも気になる方は専門店や取扱店に導入費用や見込めるメリットについて問合せをしてみましょう。