太陽光発電と蓄電システム

太陽光発電と蓄電システムのセット販売

原子力発電所の稼働停止によって、これから電気料金は今まで以上に上昇すると予想されます。 上昇する電気代に対して、これからは太陽光発電システムで発電して、蓄電システムで電気を貯める自給自足型が最もお得な時代になっていきます。

太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせることによって、 発電しにくい朝と夜は蓄電池に貯めた電気を使用する事で日中の電気代をゼロ円にすることが出来ます。 蓄電池に充電する電気は、電気料金が安い夜間の時間帯に蓄電していきますので、 蓄電システムを導入する事で全体の電気代を安くする事が出来ます。

また、蓄電システムを導入する事によって余剰電力も多く売る事が出来るので、 太陽光発電システムと蓄電システムを同時に使用する事でメリットが大きくなります。

太陽光発電と蓄電池の使用イメージ

蓄電池導入後の電気量イメージ

蓄電池導入後の電気量イメージ

太陽光発電システムだけでは日中全ての電気代をカバーすることはできませんでしたが、 太陽光発電が発電しにくい朝と夕方に、蓄電システムで蓄電した電気を使う事で日中全ての電気代をカバーできるようになります。

しかも蓄電するタイミングは深夜の電気料金が安い時間帯なので蓄電池を導入する事で電気代を安くする事が出来、 日中の電気使用量を抑える事が出来るのでピークシフトにも貢献する事が出来ます。

電気代を安くし、環境にも良く、ピークシフトに貢献できるという事で蓄電池に大きな注目が集まっています。

万が一の停電時にも蓄電池が活躍

蓄電システムの蓄電できる容量や電化製品の性能にもよりますが、5.53KWhの容量蓄電池なら約半日分の消費電力量を蓄電出来ます。
しかも停電時は面倒な設定なく、自動で電化製品に電力を供給する事が出来ます。

太陽光発電を設置していれば、停電でも昼間に発電した電気を貯めて、夜間に電力を供給できるので万が一の停電の際にも蓄電池があれば安心です。

太陽光発電と蓄電池のセットをご希望の方はコチラ

ゆめソーラー保障制度 お問合せをお待ちしています!!
お知らせ一覧
キャンペーン ゆめソーラーCM集 お客様の声 蓄電池について バナー追加3 バナー追加2
ページトップへ