住宅用太陽光

太陽光発電システムは、住宅の屋根などに太陽電池を設置し、
太陽の光をエネルギーに変えて
家庭内で使う電気をつくる発電システムです。

住宅用太陽光発電システムは家庭に設置できる唯一の再生可能エネルギーの製造装置です。屋根に設置する太陽光パネルに太陽光が当たることで電力を作ってくれます。発電した電力はまずは家庭内で使用しますが、消費されずに余った電力は電力会社や電力小売事業者が買い取ってくれる制度もあり売電収入を得ることができます。太陽光発電システムの利用には難しい設定や知識は必要なく手間もかからないため安心してご利用いただけます。温暖化対策といった地球環境保全への貢献はもちろん、電気代の削減や売電収入など日々の暮らしをサポートしてくれるうえに、災害等による停電時にも電気を使うことができる頼もしい機器です。

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット
  1. 電気代を節約できます

    太陽光でつくった電気を使って電気代を節約できます。
    夜間や日射量の少ないときは足りない分を電力会社から自動的に購入するしくみですが、発電量が使用量を上回っている間は電気代は一切かかりません。

  2. 余った電気は電力会社に売ることも出来ます

    発電できない夜間や雨・曇りなど発電量が少ない時は、従来通り電力会社から電気を「買う」のですが、逆に日中で発電量が多い時は、余った分の電気を「売る」ことができるのです。太陽が輝いている昼間は、ご家庭で使う電力(消費電力量)より、太陽光発電がつくりだす電力(発電量)が上回ります。その上回った余剰電力を、電力会社に「売る」ことができるのです。

なんでこんなに普及したの?
理由は政策の後押しがあったから

  • 売電価格を高くしてメリットを出す

    設置するのに費用は避けて通れない太陽光発電システムですが、「固定価格買取制度」という、発電した電力を買い取ってくれる制度により、経済メリットがいっそう生み出しやすくなり、太陽光発電は爆発的に普及しました。

  • 補助金を出して、初期導入費用の軽減

    太陽光発電が普及し始めた頃は、設置費用が高かったため、国は補助金を交付することで普及促進を行いました。現在でも一部の地域では補助金制度を活用できる市区町村もあります。

こんなに増えてる

この制度のおかげで太陽光発電は普及し始めました。現在では調達価格(売電の買取価格)は下がり補助金も少なくなってきていますが、初期費用が大幅に下がっているため、依然としてメリットが出やすく、設置数は増え続けています。

住宅用太陽光発電導入件数
調達価格の推移

日本に住宅用太陽光発電
システムが必要な理由

  • 地球温暖化の問題

    化石燃料を使用した発電は大量の温室効果ガス(CO2)を発生させ、温暖化を進行させます。地球温暖化防止のためにも住宅用太陽光発電の普及が必要とされているのです。

    年間予測発電電力量と環境に及ぼす結果
  • 自給率の問題

    日本のエネルギー自給率はわずか8%と世界的に見てかなり低い水準です。エネルギーの海外依存から脱却するためにも太陽光発電が必要とされているのです。

注意するポイント

  • 影の影響を受けないか
  • 屋根の向きや勾配が適しているか
  • 価格が適正か などなど

※価格はメーカー・屋根材・施工方法などによって違ってきます。

例えば…
屋根の向きや影の影響で、こんなにも経済メリットに差が出るんです。

A.設置に適したケース
設置に適したケース
条件
  • メーカー:パナソニック
  • 設置容量:5.04kW
  • 屋根の向き、勾配:、4寸
  • 影の影響:ない
B.設置に適さないケース
設置に適さないケース
条件
  • メーカー:パナソニック
  • 設置容量:5.04kW
  • 屋根の向き、勾配:、4寸
  • 影の影響:多少あり

※本シミュレーションの条件は仮定として設定されており、発電量・結果を保証するものではありません。

その他にも、このようなメリットがあります

  • モニタを設置することでよりエコ意識がアップ

    「わが家の発電どれくらい?」気になる発電量がすぐに確認できます。さらに家庭内での電気消費量や電力会社への売電量もリアルタイムに確認でき、節電意識が高まります。

  • 災害時・停電時にも発電した電気が使える

    太陽光発電を設置することで、災害などで停電しているときでも、発電した電気が一定量以上あるときには、発電された電気を使用し、テレビを見たり、携帯電話を充電したり、炊飯器でご飯を炊いたりすることが可能になります。

  • 遮熱効果で生活が快適に

    屋根の上に太陽光パネルを設置する事で遮熱効果で室内の気温上昇を抑えることができます。パネルが設置されている箇所が保護されるだけでなく夏は屋根の表面温度を下げ、冬は熱が逃げにくくなります。

10年以上利用し続けられる太陽光発電だから、
条件によっては設置費用以上の経済メリットも生み出せます。
しかし、設置にあたり注意すべきこともあります。
  • 設備費用が適正価格ではなく、高かった
  • 太陽光パネルの一部が日陰になり発電量が下がる
  • 住宅屋根の向き、角度が太陽光発電に適していない
  • 設置した太陽光パネルの種類が設置環境と適していない
  • アフターメンテナンスに問題があり、長年使用できない
ゆめソーラーへのお問い合わせ・ご相談はこちら

太陽光発電に関するご質問や見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

受付時間 : 10:00~20:00[土日祝対応]
無料お見積り・ご相談 お近くのゆめソーラー