田淵電機のEnetTelus Intelligent Battery System 通称「EIBS(アイビス)」は太陽光発電と蓄電池のパワーコンディショナを1台で制御するハイブリッドパワーコンディショナを採用した蓄電池システムです。

2020年2月には全負荷型ハイブリッド蓄電システム「アイビスセブン(EIBS7)」が販売されました。

田淵電機のアイビスセブンは全負荷型なので停電時も家中の電気をバックアップしてくれます。

充放電出力は業界最高クラスの5.5kVAであり、停電時も太陽光発電で発電した電力を短時間で充電でき、しっかり放電できます。

アイビスセブンは200V電源にも対応しています。停電時もIHクッキングヒーターやエコキュートといったオール電化商品を使えるのはアイビスセブンの人気のポイントです。

アイビスセブンの容量は7.04kWh(初期実効容量6.2kWh)ですが、増設により最大14.08kWhの大容量蓄電池を導入することもできます。

繰り返しの充放電に強く、12,000サイクル以上の充放電でも蓄電容量の約70%を維持できる長寿命設計です。
マルチストリング設計により様々なメーカーの太陽光パネルに対応でき、太陽光発電システムを既に設置されている方でも導入できる蓄電池システムです。

アイビスセブンいはスマートモードと呼ばれる独自機能を備えています。スマートモードは昼間に太陽光発電で充電した電力を夜間の活動時間帯に放電し、就寝時間帯の深夜の割安な電気を充電して朝がたに使用できます。1日に2回のサイクル以上の充放電を行うことで割高な時間帯の電力購入を抑制でき、電気の自給率を高め電気代を削減できる優れたモードです。

アイビスセブン(EIBS7)については以下のコラムで詳しく紹介しています。

蓄電池アイビスセブン(EIBS7)を徹底解説!