田淵電機のEnetTelus Intelligent Battery System 通称「EIBS(アイビス)」は太陽光発電と蓄電池のパワーコンディショナを1台で制御するハイブリッドパワーコンディショナを採用した蓄電池システムです。

蓄電池ユニットはリン酸鉄リチウムイオン蓄電池を採用した9.89kWhの大容量の蓄電池です。
繰り返しの充放電に強く、12,000サイクル以上の充放電でも蓄電容量の約70%を維持できる長寿命設計です。
マルチストリング設計により様々なメーカーの太陽光パネルに対応でき、太陽光発電システムを既に設置されている方でも導入できる蓄電池システムです。

EIBSでは2018年4月の製品アップグレードより「スマートモード」が追加されました。
スマートモードでは昼間に太陽光発電で充電した電力を夜間の活動時間帯に放電し、就寝時間帯の深夜の割安な電気を充電して朝がたに使用できます。

1日に2回のサイクルで充放電を繰り返して割高な時間帯の電力購入を抑制することで経済メリットを高められる機能です。

既にEIBSをご購入済みである場合、インターネットを介してのソフトウェアアップデートによりスマートモードを適用できます。