災害・停電時の対応

停電・災害時に役立つ太陽光発電システム

災害時にも役立つ太陽光発電システムの自立運転モード

地震や台風などの災害によって停電になった場合でも太陽光発電システムで作った電気を使う事が出来ます。パワーコンディショナで自立運転モードに切り替える事によって電気を使う事が出来ます。もしライフラインが切断されても太陽光発電システムを設置していて、太陽の光さえあれば自宅の様々な電化製品を使う事が出来ます。発電した電気によって、テレビやラジオによる情報収集。携帯電話やスマートフォンの充電をすることもできます。

「自立運転モード」に切り替えることで電気が使える

自立運転モードに使える電化製品

太陽光発電システムを設置していれば、発電量の大きさは関係なく、電力会社と連系していれば「発電所」の扱いとされます。 停電時などで電力会社から自立して運転する場合はブレーカーの電源を切断して下さい。

また自立運転モードによって使用できる容量には上限があり、天候によって発電量が異なる事を知っておく必要があります。 あくまで非常用の電源として太陽光発電システムの自立運転モードを使用してください。

最大1500Wまでの電気を使用する事ができる

最大1500wまで使用可能!

太陽光発電システムの発電量は天候や時間帯によって異なりますので、 大量に電気を消費するエアコンなどに使用する事は好ましくありませんが、 緊急時に必要となるテレビやラジオなどの電気製品が使えますし、 冷蔵庫などにも使用する事が出来るのでいざという時の非常用として活躍いたします。

自立運転コンセントの場所や使い方は、メーカーや機種により操作方法が異なります。必ず付属の取扱説明書を読んでから実施しましょう。 また、事前に自立運転コンセントがどこにあるのか、そして形状を確認しておきましょう

最後に停電から回復した際は、必ず「自立運転モード」から「連系運転モード」に戻してください。 また、ブレーカーの電源もオンに戻してください。

 

家電製品の消費電力の大きさ

冷蔵庫 150-600W トースター 1000W
電子レンジ 1300W 電磁調理器 1200W
自動食器洗い機 1300W 炊飯器 300-700W
炊飯器(IHタイプ) 700-1300W ホットプレート 1300W
掃除機 1000W 洗濯機 500W
ドライヤー 800-1200W アイロン 1200W
コタツ 600W 電気カーペット 500-800W
ハロゲンヒーター 500-1000W 加湿器 300-500W
液晶テレビ(32型) 150W プラズマテレビ(32型) 240W
ブラウン管テレビ(32型) 210W 扇風機 50W
ノートPC 50-150W デスクトップPC 150-300W

上記は一般的な目安です。製品の種類や大きさなどにより消費電力は大きく異なる場合があります。

ゆめソーラー保障制度 お問合せをお待ちしています!!
お知らせ一覧
キャンペーン ゆめソーラーCM集 お客様の声 蓄電池について バナー追加3 バナー追加2
ページトップへ