太陽光発電システムとは

今さら聞けない太陽光発電システムの仕組みと基本

太陽光発電システムで昼間に電気を発電し家庭で使って余った電気は電力会社に売電する事が出来ます。曇りの日や夜は太陽が出てないため発電する事ができません。発電しない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。

太陽光発電システムは使用するにあたって難しい設定や運転の必要もなく、 多様な暮らし方に合わせることができます。

太陽光発電システムの仕組みは屋根の上に設置した太陽電池モジュールは、太陽の光を使って電気が作られます。 太陽電池モジュールによって作られた電気はパワーコンディショナによって直流電力から交流電力へと自動で変換し、 照明やエアコン、冷蔵庫などの家庭内の電気製品を使用できるようになります。

  1. 屋根に設置した太陽電池モジュールで、太陽の光から直流電気を作ります。
  2. 太陽電池モジュールで作られた直流電力を集めてパワーコンディショナへ送ります。
  3. 直流電力を家庭で使えるように交流電力に変換します。
  4. パワーコンディショナで変換された電力は分電盤から家庭内の電気製品に送られます。
  5. 発電して使いきれなかった電力は自動的に電力会社へ売る事が出来ます。
  6. 夜間や雨の日などの発電しない時は、これまで同様に電力会社から電気を買います。

太陽光発電システムのメリットとは

売電イメージ

昼間に発電して余った電気は電力会社に売ることも出来る

太陽光発電システムを設置する最大のメリットは作った電気を電力会社に売る事が出来る事です。

昼間に発電した電気は自宅で消費し、使いきれず余った電気を電力会社に売ることによって収入を得る事が出来ます。 売電のやり方は電力会社との手続きが完了後、自動的に発電した電気の販売が出来ます。 もちろん夜間は発電する事が出来ませんので、 電力会社から電気を買うことになりますが夜間の安い電気代プランである「時間帯別電灯契約」などを契約することで、 さらに電気料金を節約できます。

あくまで余った電気を売ることになりますので昼間の電気の使用量を減らし、多く電気を売ったほうがお得になります。 太陽光発電システムを導入するだけで光熱費の削減が可能ですが、 電気の使用量を減らして節電する事で太陽光発電システムを設置したメリットを最大限に受ける事が出来ます。

余った電力は売ることができます。

平成27年度において北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の需給制御に係る区域にて、平成27年4月1日以降に接続契約申込みが受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務づけられ、これに該当する発電設備については、「出力制御対応機器設置義務あり」の調達価格を適用することとなります。設置が義務づけられていない場合には、仮に出力制御対応機器を設置したとしても、「出力制御対応機器設置義務なし」の調達価格を適用することとなります。 平成28年度、余剰買取においては出力制御対応機器(設置義務なし)の場合、31円/kWh(税込)。出力制御対応機器(設置義務あり)の場合、33円/kWh(税込)と決定いたしました。

余剰の売電単価は設置してから10年間、売電単価が固定されています。

太陽光発電システムを導入すると補助金がもらる場合があります

補助金

現在、太陽光発電設備の設置には地方自治体から補助金が支給されます。

補助金には2種類あり、1つ目は都道府県が独自に行っている補助金制度、 最後に市区町村が実施している補助金です。 都道府県や市区町村は独自でやっているため補助金制度をやっていない自治体もあります。

都道府県や市区町村は限られた予算の中で補助金を出していますので数に限りがあります。 導入が多い地域では1日で予算額に達した所もありますので補助金を受け取るには早めの設置をおすすめしています。

災害・地震時の停電の際に役立つ太陽光発電システム

突然の災害・地震により長期間停電になった場合でも、
太陽光発電システムに備わっている自立運転機能を活用することで、停電時でも電力を使うことができます。

ゆめソーラー保障制度 お問合せをお待ちしています!!
お知らせ一覧
キャンペーン ゆめソーラーCM集 お客様の声 蓄電池について バナー追加3 バナー追加2
ページトップへ