ソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは軽量&省スペースで屋根を有効活用

ソーラーフロンティアの太陽光発電

ソーラーフロンティアの太陽光発電って何?

ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油株式会社を100%株主とする昭和シェルのグループ企業の1つで、 住宅用をはじめ産業用やメガソーラーと多様なニーズに応える太陽光発電メーカーです。 ソーラーフロンティアの特徴として結晶系ではなく化合物系(CIS)の太陽電池モジュールを採用していて、 実発電量が高いなどで現在注目を浴びています。

国内にてCIS太陽電池では世界初となる商業生産化に成功し、2011年には世界最大級となる国内生産工場が稼働を開始しています。 長年に渡る研究開発から生産及び販売に至るまで国内にて一環した管理体制が敷かれている点が挙げられいます。

「実発電量」(実際に発電する量)の多さに定評があり、影の影響を受けにくいなど、結晶シリコン系の他メーカーとは一線を画する。 ソーラーフロンティアのソーラーパネルがブラックでスタイリッシュなのも人気の理由の一つです。

ソーラーフロンティアの太陽光パネル

CIS太陽電池だからできる、黒色を貴重とした落ち着いたデザイン

SF170-S

型番 SF170-S
モジュール変換効率 13.8%
公称最大出力 170W
希望小売価格 オープン価格

他メーカーとは異なるソーラーフロンティア太陽光発電のポイント

ソーラーフロンティアの太陽光発電なら新世代CIS太陽電池で電気が売れる金額が増える!

ソーラーフロンティアの住宅用太陽光発電システムの特徴は、現在太陽電池にはシリコン結晶が用いられることが主流となっている中で、 CIS太陽電池を採用していることが大きな点となっています。

このCIS太陽電池とは主成分であるCopper(銅)とIndium(インジウム)またSelenium(セレン)の頭文字を取ったもので、 これらの特質により「実発電量」が高くなっています。 その特質にはまず太陽光に対する感度が高くまた様々な光を吸収できることが挙げられます。

「実発電量」とは、実際に太陽光発電システムを設置した環境での発電量のことです。 ソーラーフロンティアの実発電量はなぜ多いのか?その理由は「CIS太陽電池」にあります。 「CIS太陽電池」なら、様々な条件下で発電量が安定します。

ソーラーフロンティアのCIS太陽電池は出力ロスが少なく、部分的な影の影響が少ない特徴があります。
また、熱の影響によるロスも小さく、安定した発電能力を期待できますので、 これまで影などを理由で設置を諦めていた方にとってはお勧めです。

CIS太陽電池 ソーラーフロンティアのモジュール ソーラーフロンティアは長期出力安定

ソーラーフロンティアの太陽電池モジュールはグッドデザイン賞を受賞!

シックで落ち着いた色調がどんな屋根にも美しく調和します。
2007年のグッドデザイン賞ではエコロジーデザイン賞に輝きました。

ソーラーフロンティアの屋根

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは設置後、長く使いつけれるように保証も充実!

国内メーカーで貴重な、20年間のモジュール出力を保証。 また、ソーラーフロンティア所定の周辺機器をご購入の場合、周辺機器の保証期間を10年間なので安心して使い続けることができます。

ソーラーフロンティアの保証内容
ゆめソーラー保障制度 お問合せをお待ちしています!!
お知らせ一覧
キャンペーン ゆめソーラーCM集 お客様の声 蓄電池について バナー追加3 バナー追加2
ページトップへ