エコキュート

エコキュートのしくみ

エコキュートとは空気中の熱を利用してお湯を沸かすことの出来る、地球の自然環境負荷を考えた自然冷媒(CO2)のヒートポンプ給湯機です。
また自然冷媒とは加熱能力に優れた物質です。可燃性や毒性がないためエコキュートでは利用されています。

■エコキュートとガス・灯油給湯器の違い
エコキュートは従来の給湯器と比べ、驚くほど高い熱効率を持つ製品です。
ガスや灯油を燃焼してお湯を作る給湯器では、熱効率性を100%以上にすることは困難でした。
しかし、エコキュートは使用する電気エネルギーに対して約3倍以上の熱エネルギーを作りだします。
熱効率だとおよそ300%!高効率でムダがなく、電気料金の割安な夜間にお湯を作るから
経済的にも家計に負担をあまりかけません。

■お湯を沸かす「ヒートポンプ」の仕組み
気体は圧縮すると温度が上がり、急に開放すると温度が下がります。
エコキュートは外から取り込んだ空気の熱を、冷媒の元になるCO2が取り込み、
それらを圧縮して熱エネルギーを発生させます。
高温になったCO2は、貯湯タンク内の水を温めてお湯を作ります。

お湯を沸かす「ヒートポンプ」システムの解説

エコキュートのメリット

1. 光熱費の削減
電気温水器の1/3のエネルギーで給湯することができるので使用電気量が減り、光熱費がぐっと削減できます。

2. ピークカットに貢献できる
使い方によっては電気料金の安い深夜を利用し、お湯を貯めることができます。 そのためピークカットに貢献することができます。

3. 災害時でもお湯が使える
保温性に優れ、お湯を貯めることができるエコキュートは、災害時でもお湯を使用することができることから、いざというときの備えになります。

  

光熱費のカギを握るのは給湯だった!

一般的な家庭で消費されるエネルギーの約30%をしめているのが給湯です。
給湯にかかる費用を節約出来れば、月々の光熱費は大幅に削減できます。

■家庭で占める消費エネルギーの割合
※エネルギー経済統計要覧より
家庭で占める消費エネルギーの割合 説明図


■お得な夜間料金「電化deナイト」「よかナイト10」
九州電力の場合、エコキュートを導入するなら夜間の電気料金が昼間よりもぐっと安くなる「電化deナイト」や「よかナイト10」と呼ばれる料金プランがオススメです。
割安な夜間料金を利用することで、月々の光熱費を大幅に節約できます。

電化deナイトの料金について
よかナイト10の料金について


同じお湯を使った場合の料金比較

便利で安心な機能がたくさん

■操作はスイッチ1つで簡単ラクラク!
エコキュートには便利な機能がたくさんついています。スイッチ1つで湯はりや保温・たし湯ができ、
お好みの温度・湯量を設定しておけば自動で運転してくれます。
お湯が冷えてしまっても、高速追焚き機能であっという間に適温まで追焚きしてくれます。

エコキュートはスイッチ1つで湯はりや保温・たし湯ができます!


夜でもとても静か!


太陽光発電とオール電化、エコキュートの相性について

太陽光発電を導入するにあたり、同時におすすめ出来るのは「オール電化」になります。
もちろんガスではなく電気を使用することになるので、自家発電で電気が多く発電できる場合は「オール電化」の方がガス代がなくなり、逆に電気代一本に光熱費が絞れる為、売電の効果もあり利益が得られます。
その点、太陽光発電とオール電化は相性が良いと言えるでしょう。

しかしガス代が安い場合、逆にオール電化を導入してしまうと損をしてしまうことになる可能性があり、一般的に現在のガス代が6,000円未満の家庭は、オール電化を導入することにより負担額が増えてしまう可能性があります。
ただし太陽光発電とオール電化を導入することで初期費用は掛かりますが、数年後には逆に利益を得ることが出来ますので、家庭の経済状況に合った選択を選ぶことをお勧めします。

ゆめソーラー保障制度 お問合せをお待ちしています!!
お知らせ一覧
キャンペーン ゆめソーラーCM集 お客様の声 蓄電池について バナー追加3 バナー追加2
ページトップへ